72時間トランジット・ノービザの適用範囲
国籍が72時間トランジット・ノービザのリストにある訪中外国人は、天津でトランジットのため一時的に滞在する、なお、滞在時間が72時間に超えない場合は、入境ビザ申請が要らない。ただし天津空港の入国管理局で72時間トランジット・ノービザの手続きを行っていればすぐに適応される。72時間トランジット施策は一時的に天津で滞在する外国人のみに適応されている。規定により、入国する外国人は下記の条件を満たす場合は、規定による手続きを行うことができる。
(一)72時間トランジット施策の範囲にある国の公民
(二)身元を証明できる証明書を持っている
(三)赴く国家や地域の入境条件を満たすことができる
(四)72時間以内の、期日と座席が確定した天津空港から第三国や地域に赴くフライトのチケットや証明ファイルを持っている
72時間トランジット・ノービザで入国プロセス
トランジット・ノービザの外国人は入国日の翌日の零時から、天津で72時間滞在できる(三日)。具体的な期日は入国管理局がパスポートの上に押した許可印鑑の期限を基準にする。72時間トランジット・ノービザの外国人は下記の手続きに従う必要がある。
(一) 該当航空会社はフライトが離陸前天津市公安局の入国管理局にノービザの人の情報を提出する。
(二) フライトが着陸前、ノービザを申請する人員は航空会社のスタッフの指導で登録表を書き、インフォメーションのチラシをもらう。
(三) フライトが着陸後、航空会社のスタッフのガイドに従って専用カウンターで手続きを行う。入境管理機関に申請条件を認定された後、入国できる。それと共に、航空会社のスタッフが登録表を入国管理局に提出する。
(四) ノービザの外国人が入国した後、泊まってから24時間以内に近くの交番へ登録しなければならない。
(五) ノービザの外国人は天津市の管轄範囲以外の地域に泊まることができない。もし、不可抗力の原因で72時間以上滞在する必要がある場合は、入国管理局へ対応できるビザを申請しなければならない。
72時間トランジットノービザ国家のリスト(全51国)
天津72時間トランジット・ノービザ施策に適応される国は次の51か国:
(一)ヨーロッパのシェンゲン協定国(24国):オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス
(二)ヨーロッパの他の国(13国):ロシア、イギリス、アイルランド、キプロス、ブルガリア、ウクライナ、セルビア、クロアチア、モンテネグロ、マケドニア、アルバニア。
(三)アメリカ(6国):米国、カナダ、ブラジル、、アメリカ、チリ、アルゼンチン、メキシコ。
(四)太平洋(2国):オーストラリア、ニュージーランド
(五)アジア(6国):韓国、日本、シンガポール、ブルネイ、アラブ首長国連邦、カタール。
著作権所有:天津市観光局 連絡先:022-88908890  登録シリーズ号:津ICP備11004736号--3   
E-Mail: 123456789@sina.cn