ホーム >> 资讯
天津における三つの宝物:鼓楼、砲台、レイダン閣
2016-11-15 著者: 出所:天津観光情報サイト

天津人が天津を話せば、何も良い。例えば、天津の行商人は何を売っても、必ず「地元」を明示する。それは天津人が「宝地」のコンプレックスあるため。非常にかわいいでしょう。

W6Y(NJI829QE1AYBM@FL[1K.png

天津人から見れば、誇られる一切は「宝」である。それは「天津衛の三つの宝物:鼓楼、砲台、レイタン閣」から話せば良い。こう言う天津衛の三つの宝物を話せば、天津人が自慢の気持ちがいっぱいである。

鼓楼ではドラムを叩けない。


YM3N2(4}CT%DMCJGU75{}8M.png


天津衛「三つの宝物」の首位を占める鼓楼は明朝弘治年間、鼓楼の上で遠くを眺める。周りの七十二沽ことごとく目に収めることができる。さすが天津の一つの景勝地である。


@}9I2XOTZBM27{LJ[UMRYQN.png

再建された鼓楼は、扁額が著名な書画家の華世カイ氏書いた。そして、梅小樹の対聯を書き直した。鼓楼は再び天津の一景勝地になった。


住所:天津市南開区鼓楼東街

開放時間:(夏)0401~1025日:08:30~22:00(冬)1026~0331日:08:30~17:00

観光券:27元、鐘楼・鼓楼セット:40/ 


著作権所有:天津市観光局 連絡先:022-88908890  登録シリーズ号:津ICP備11004736号--3   
E-Mail: 123456789@sina.cn