ホーム >> 资讯
世界遺産の京杭大運河天津流域
2016-04-28 著者: 出所:天津市観光サイト

1.jpg

        天津の東は渤海に臨み、北は燕山を背にしている。豊かな自然観光資源と人文観光資源が備えている。京杭大運河が町を通り抜け、万里の長城が北部で横たわっている。高山と川、森林と湖、湿地と温泉、海辺んと砂浜が全て集まっている。北方の著名な生態住みやすい都市である。

        人々は中国を「運河の帝国」と呼ぶ。大運河は早くも国内外文化交流の大通り、海上シルクロードの延伸に成った。世界遺産である「中国大運河」は全長1011キロ、8省市を流れる。天津での部分は長さ71キロ、北運河と南運河に分かれている。南運河と北運河は三叉河口で合流する。こちらは天津での最も早い居住地であり、天津市の源である。そのため、天津は「大運河に乗らせて来る町」と呼ばれている。

2.jpg

        天津は隋朝の大運河の開通と共に始め、南運河・北運河の合流点と金鋼橋の三叉河口にある。歴史上は「三会海口」と呼ばれ、天津の最も早い発祥地である。2008年に「天津の眼」と工業博物館、堤防レジャー区、スーパーマーケット、国際水辺宅地などが三叉河口地区で次第に建て上げられた。この所に文化とレジャー、遊戯、観光、商業、居住など多様な業態をもたらし、長い間に静かであった三叉河口は結局、再び繁華になることができた。

        大運河の天津流域の遺産は動けない実物遺産と歴史文物などに構成されている。運河の沿岸には武清郊野公園、北運河レジャー宿場、三叉河口などの景勝地ある。その中に、最も著名なのは三叉河口の永楽橋の上に建てられ、直径が110メートルの「天津の眼」観覧車である。それは世界唯一の橋の上に建てられた観覧車である。


武清区北運河郊外公園

        武清郊野公園の初期工事は15平方キロ、北運河に沿い、水辺景観エリアと郭林景観エリアと農業観光エリアを造った。そして、駐車場と農家、生態摘みなどの施設も設置している。公園で主に植えさせる植物は彩葉樹木、金葉の楡などである。果樹園には苹果、梨、桃、ブドウなどある。荒野公園の自然と野趣を充分に表した。公園は地形に従い、芝生を敷設し、大部分に薬草を植えられた。

3.jpg


4.jpg


北運河レジャー宿場

        北運河と龍鳳川が合流する処に位置し、敷地面積1200ムーである。キャンピング、児童娯楽、農耕体験、農家体験、離宮宿場五大エリアに分けられている。その中に、キャンピングエリアにはキャンピングカーと駐車位ある。設営場所ではドライブキャンピングカー観光客に上水と下水、充電などのサービスを提供するだけでなく、非常に特色があるキャンピングカーテーマホテルも設置している。

住所:天津市武清区八孔闸路の北側

5.jpg


6.jpg


天津の目

        天津の目は全称「永楽橋観覧車」である。紅橋区海河の畔に位置する。川を跨ぎ、橋と観覧車が合一された。また、世界唯一の橋の上に建てられた観覧車である。観覧車を乗り、最高点に達する時、周りの景色が一望して余すところなく見える。

開放時間:毎日9:30—21:30(月曜日点検ので、開放しない)

住所:天津市河北区三叉口永楽



著作権所有:天津市観光局 連絡先:022-88908890  登録シリーズ号:津ICP備11004736号--3   
E-Mail: 123456789@sina.cn