イタリア風情区

天津イタリア風情区の前身はイタリアが海外で唯一の租界である、敷地面積が約10万平方メートルに達する、今までもう百年の歴史が持っている。今はアジアで規模が最も大きい、保存が最も完璧なイタリア建築群である。イタリア風情区は河北区に位置し、東に五経路から、西に勝利路までで、南に河北区博愛道から、北に建国道に至る。天津駅と海河の隣にある、川の向こうには古文化街と和平路商店街、天津金融センターである。天津市の規画展覧館はイタリア風情区の商貿展覧センターに位置し、ハイテクの技術を採用して、全面的に天津の過去と現在と未来を展示している。

住所:天津市河北区勝利路と民主道の交差点302号 入場料: 無料
開放時間:全日

古文化街

古文化街は南開区東北グ東門外に位置する。北の老鉄橋大街(宮北大街)から、南の水閣大街(宮南大街)に至る。国家の5Aクラスの観光スポットである。建築スタイルは明・清朝式に模造した。街は天后宮を中心に、宮南大街と宮北大街にわけられている。全長が680メートル、街の真ん中に1404年に建てられた戯楼がある。南北の街角に其々は牌坊があり、上には「津門故里」と「沽上芸苑」が書いている。

住所: 天津市なんかいく通北路と東馬路の交差点 入場料: 無料
開放時間: 全日

食品街

天津市食品街は1984年に建てられた、周囲にある高くてグレーの壁が食品街を真四角のように囲んでいる。 城の中にはフレーズの大通りがある。食品街を四つのエリアに分けた、大通りの両側には店が三層設けている。二階が全区域を取り囲む回廊に貫かれて、立体的で便利になサービスエリアを形成した。一階主には各地の一品料理が販売されている。食品街の四つの門楼には其々扁額がある。南の“振羽”、西の“興歌”、北の“中聖”、東の“華”最初の四つの字が「振興中華」を組み合っている。

住所: 天津市和平区南市商業区 入場料: 無料
開放時間: 全日

文化センター

天津文化センターは中国天津市河西区の文化中心に位置する。天津市文化センター四方に至る範囲は友誼路、隆昌路、楽園道、平江道である。敷地面積が約90万平方メートルである。天津市文化センターは天津図書館、天津博物館、天津美術館、天津大劇場、天津少年活動中心、天津銀河ショッピングセンター、生態島等を含んでいる。天津博物館は天津自然博物館に換える予定である。

住所: 天津市河西区平江道 入場料: 無料
開放時間: 全日

五大道

五大道は天津の市街の南に位置市し、東から西へ中国西南部の名城重慶と大理、常徳、睦南、馬場の名前で名付けられた五つの大通りが並んでいる。天津人はここを「五大道」と呼ぶ。五大道には20世紀の各国のスタイルの建築が2000ヶ所がある。建築面積が100万余り平方メートルがある。最も典型的な300軒建築の中に、英風建築が89ヶ所、イタリア建築41ヶ所、フランス建築6ヶ所、ドイツ建築4ヶ所、スペイン建築3ヶ所及びたくさん文芸復興時代のような建築がある。古典スタイル、折衷スタイル、バロックスタイル等があって、万国建築博覧園と呼ばれている。

住所: 天津市和平区19号 入場料: 無料
開放時間: 全日

津湾広場

津湾広場は天津市和平区の海河の一つ湾入の南に位置し、一部分が海に臨んで、天津駅に向けて欧風建築群である。元フランスの租界にある。建築のスタイルは周りに残した歴史がある建築と一致にする。現代と欧風を一体に、映画館と高級レストラン、娯楽とショッピングを一体に融和した聚集区域である。

住所: 天津市和平区解放北路48号(浜江道口) 入場料: 無料
開放時間: 全日

天津の目を乗って、夜景を観賞

天津の目は全称「天津永楽橋観覧車」である。天津海河の傍に位置し、河を跨いで建設された観覧車である。交通を観光の機能を兼備する。世界で唯一の橋の上に建てられた観覧車であり、天津のランドマークである。観覧車は直径が110メートル、外に360°透明なキャビンが64個掛けている。キャビンごとは8人を載せて、同時に512人の観光を満足できる。一回りは30分をかかり、頂点に至る時、周りの景色が一望して余すところなく見える。周囲40キロさえの景色も見えるから、「天津の目」と呼ばれている。

住所: 天津市紅橋区三叉河口永楽橋 入場料: 70元
開放時間: 09:30-21:30

梁啓超記念館

梁啓超記念館は二部分に組合われて、其々は梁啓超の旧居と「飲氷室」書斎である。展覧は「旧居」の中に設置されて、「梁啓超と近代の中国」をテーマにして、12ヶホールにわけられている。公車上書きと戊戌政変、護国戦争、パリ会議等がある。最後の展示ホールに展示しているのは梁啓超の家族及び九つの子女が人才に成った物語である。写真も文字も物も優れて、内容が豊富である。復元された「飲氷室」は二層で、ルネサンスのイタリア風建築である。一階は梁啓超の職場、二階が梁啓超の生活区である。室内の陳列は中西兼備して、華夏と西洋の雰囲気が一体に相即されている。

住所: 天津市河北区民族路44・46号 入場料: 10元
開放時間: 09:00-16:30

李叔同旧居

李叔同旧居は清朝の間に建てられ、四つの四合院に組み合っている豪邸である。平面には「田」の字の形をしている。部屋が60余り室あり、敷地面積が1400平方メートルである。院内がつなぎ廊下と小園がある。室内の飾りが精巧で、環境が静かで快適である。天津名人旧居の中にあるケイハである。

住所: 天津市河北区糧店街60号 入場料: 身分証明書によって無料
開放時間: 7:30-17:30

平津戦役記念館

平津戦役記念館は1997年に建設されて、敷地面積が4.7万平方メートルである。中国解放戦争の三大戦役の一つである平津戦役を反映する記念館である。主には多角度演示ホールと記念広場、勝利花園、序ホール、戦術決定ホール、戦役実施ホール、人民支援ホール、偉大な勝利ホール、英雄烈士ホール等に構成される。記念館の中心建築は雄大で高く伸びて、気勢雄大である。中国の伝統的な味わいを含んでいる上に、現代審美風格も兼備している。展覧館は古風で、後区は金属で構築された巨大な銀色球型建築である。大きくて壮観である。総帥の聶栄臻が親筆した「平津戦役記念館」の金字が展覧館の巨大な牌楼式の上に嵌め込んで、記念館に輝きとニュアンスを添えている。

住所: 天津市紅橋区平津道8号 入場料: 有効な証明書類によって無料
開放時間: 09:00-16:30

静園

静園は1921年に建て始めて、敷地面積が3016平方メートルで、建築面積約1900平方メートルである。中心建築はスペイン風ハーフチンバー建築である。1929年7月、溥儀と皇后はここに住みに来て、ここを「静園」に改称させた。「静が僕の浩然の気を養う」の寓意がある。今は天津市特殊保護歴史風貌建築、天津市文物保護単位である。

住所: 天津市和平区鞍山道70号 入場料: 有効な証明書によって無料
開放時間: 火曜日から日曜日まで:8:30-16:30 月曜日休館(祝日除く)

周トウ記念館

周恩来、トウ穎超記念館は天津市の美しい水上公園の北側に位置し、敷地面積が7万平方メートルで、建築面積が1.3万平方メートルで、園林式の偉人記念館である。建築の高さは21.3メートルで中心建築が三層である。「工」字のように配置されて、屋上が伝統的な重ね檐を採用した上に現代の工芸と組み合って、表が石で、外の檐に花崗岩を嵌め込んで、色彩が素朴ですっきりとして上品である。記念館の外の記念広場と大型な花崗岩彫塑、不染亭、記念林、芝生等が中心建築とお互いに引き立って、環境が優雅で雰囲気が端厳である。記念館の中に所蔵が豊富で、文物の価値が極めて珍しく貴重である。知っているころによって、当館は文物と文献、写真及び他の資料等8000件を募集し上げて、上品が百件に至る。

住所: 天津市南開区水上公園道水上公園北路1号 入場料: 無料
開放時間: 火曜日から日曜日まで:9:00-16:00 月曜日休館

盤山

盤山は国家5A景勝であり、中国十五大景勝の一つであり、「京東第一山」と呼ばれている。十里の美しい壁のように、北京の東に高々と直立している。「上部は松が優れ、中部は石が優れ、下部は水が優れ」で名高い。盤山の景色は四季によって違い、春夏交代の時、山野の花が咲き誇る。清朝乾隆帝は盤山へ32回遊びに来たことがあり、「早めに盤山を知れば、江南へ行かない」と賛嘆した。

住所: 天津市薊県西北15キロ 入場料: 100元
開放時間: 8:00-18:00

黄崖関長城

黄崖関長城は世界文化遺産であり、国家最初の4A景勝である。黄崖関長城は東に河北省の尊化県の馬蘭関に達し、西に北京の平谷将軍関と接して、全長が42キロで、中国古長城の一部分である。楼台が66棟、敵楼が52棟、烽火台が14棟あり、京東軍事の険要である。1984年9月から1987年9月まで軍民協力して3025メートルの壁、20棟の敵台を修復してきた。これは中国で長城修復工事の中に最も長いである。1990年、黄崖関長城は「津門十景」に入選した。

住所: 天津市薊県下営鎮黄崖関村 入場料: 40元
開放時間: 08:30-17:00

郭家溝農家院

薊県郭家溝は下営鎮の東部に位置し、梨木台景勝にすぐ隣接する。水の傍に、山を背にする。景色が非常に綺麗で、泉が甘くて、果物も美味しい、民衆が純朴である。山には松の木がうっそうと茂って。果樹は果実を満載で、美しい山村である。全村には168人、46家があり、旅館が11軒がある。一人の年間平均収入が6878元である。今の郭家溝村は日々に進歩している。セメントの道と緑の長廊、蓮花の池、フィットネス場所等がある。農家の素朴と客好き、賑やかな都市を離れて、静かで快適な環境は貴方に耳新しい感じを与える。貴方の自然に近づく、山林の中で郷土の味に浴びる需要を満足する。

住所: 天津市薊県下営鎮郭家溝村 入場料: 一人あたり80-100元/日
開放時間: 全日

独楽寺

独楽寺、別称大佛寺である。中国天津市薊県西大街に位置し、中国に三大の遼代の寺院の一つである。中国現存の著名な古代建築の一つであり、千年古刹である独楽寺は隋朝に建て始めて、遼代統和二年に再建された。明朝万歴、清朝順治、乾隆、光緒の時補修した。乾隆十八年に観音閣を増築して、重ねる檐の上下には其々四本の柱がある。また、東行宮を建てた。独楽寺は敷地面積が1.6万平方メートルで、山門が三間ほど広く、四間ほど深いである。二層建築で、高さ23メートルで、国内で一番古い木造高層建築である。

住所: 天津薊県城内武定街41号 入場料: 40元
開放時間: 08:00-17:30

玉佛宮

天津玉佛宮博物館は敷地面積が400ムーであり、建築面積4.8平方メートルである。山門と玉佛宮、配殿、研究所等の建築に構成された。玉佛宮の中心建築は明清建築を真似る、咲こうとしている蓮花のように、三重漢白玉の殿基礎の上にある。殿宇の頂部は八角の方形屋根で、真ん中に集まっている。上から下には「上に円満の天心と一致し、八方人文と繋がり、博物の徳を載せる。」という意味である。玉佛宮は展示ホールが11ヶ所ある、400個展示品を同時に展示できる。玉佛宮に千個の仏教芸術品が集まっている。学術化と教育化、生活化、科学化を十分に結合する形式で、世界に仏教文化と中華文明の繋がることを了解させる。

住所: 天津市宝テイ区京津新城 入場料: 260元
開放時間: 火曜日から日曜日まで:9:00-17:00 月曜日閉館

凱旋王国楽園

凱旋王国は前世紀90年代に建てられた。北に天津武清開發区と臨んで、京津都市間鉄路の天津武清駅と隣接している。京津商圏の中心に位置する。敷地面積が約1300ムーで、中には460ムーの大型の遊園地と800ムーの室内ウォーターパークを含む。建設は二回に分けられて、規模が超大型で、設備が超強い、サービスが超高い総合観光リゾートランドの構築を図る。第一回工事は敷地面積が460ムー、総投資額が30億元である。大型な室外遊楽設備と環球サーカスを主にする。凱旋広場と激情遊園地、ソマリアに突入、無限を撮り抜け、奇遇冒険、宇宙基地等の七大テーマパークを含んでいる

住所: 天津市武清区104国道の側 入場料: 180元
開放時間: 09:00-18:00

北運河郊野公園

北のジェン東路から南の北運河八孔闸まで、全長が10.8キロで、緑化面積が1.5万ムー。各類の苗木と花が100万本余り植えている。工事は「足の下の文化、野趣、自然」三者を結合した理念に従って、花の香りで摘む趣味に浸る運河の風光エリアの構築を図る。

住所: 天津市八孔闸路 入場料: 無料
開放時間: 10:00-16:00

フィレンツェ小町

天津のフィレンツェ小町は中国最初のイタリア風の大型な高級商品のディスカウントショップとレンジャーセンターである。天津と北京の間にある武清区に位置する。贅沢品エリアとブランド品エリア、スポーツ、レジャー四大特色のショピングエリアが設置している。イタリアの贅沢品を200軒導入して、消費者の多層需要を満足させよう。消費者は絵のようなイタリア景色で世界同調のオートレースを体験できる。

住所: 天津市武清区前進道(翠亨路口) 入場料: 無料
開放時間: 10:00-21:00

王朝博物館

天津王朝御苑シャトーはアジアで最大級単体シャトーであり、建築面積が1.1万平方メートルで、地下が一層、地上が三層ある。フランスのボルドー地方の十九世紀のシャトーの風格を参考にして、王朝の企業文化と結合して、中国とフランスの特徴を融和して活用して、貴方を中世期のユーローのシャトーに身を置くような気持ちをさせる。

住所: 天津市津囲公路29号 入場料: 260元
開放時間: 全日

空母テーマパーク

天津浜海空母テーマパークは浜海清区の中心に位置し、国家の4A景勝であり、計画面積が22万平方メートルである。「キエフ号」空母の独特の観光資源に基づいて、空母観光と武器展示、主題演劇、コンベンション、野外研修、国防の教育、娯楽レジャー、映画等八大のモジュールを集まった大型な軍事のテーマパークである。

住所: 天津市漢沽区漢北路269号 入場料: 220元
開放時間: 09:00-17:30

北塘古鎮

北塘古鎮は新区北塘の東北部に位置し、河口と隣接し、沽酒巷、双塁広場、会館、中式豪邸等の建築に構成された。建築の風格は独特で、石橋と瓦で建てた古朴の建築;古物、字と画、お茶楼等の文化感満々の店。古鎮には民間の十八番と伝統美食、演劇等の歴史風貌を再建した。主には中国北方の伝統文化と天津地方の特色を展示している。

住所: 天津浜海新区彩虹橋の西南側 入場料: 無料
開放時間: 全日

東疆港砂浜

天津港東疆港区の東南部のレジャー旅行エリアに、海域の総面積が約2万平方キロである。人工砂浜の「金砂」は平均厚さ1.2メートルに至って、全てが福建省から送って来た。主には防波堤と人工砂浜、5星ホテル、広場、陸上海水浴場を含む。

住所: 天津市浜海新区東疆港保税区山西路(渤海石油の近く) 入場料: 65元
開放時間: 09:00-19:00

極地海洋世界

天津極地海洋世界の中心建築は鯨の形をしている。中国に最も大きい単体の極地海洋館である。天津市浜海新区ビジネスエリアに位置し、建築面積が4.7万平方メートルである。上下全ては四層がある。その中に、二階と三階は展示エリアであり、国際で先進的な双曲形のデザインを採用して、泳いでいる鯨の様子にそっくりである。中心ホールは高さが43メートルであり、頂点の「フィッシュテール」が67メートルほど高い、ホールの中に一番高い処は23メートルである。ホールには今全国で体積が最大のトンネルがある。長さが35メートルで、「L」の形をしている。アーチ形の観賞面で、建築レベルが一級公共建築であり、利用期限が50年、7度防震である。

住所: 天津市浜海新区ビジネスエリア61号 入場料: 160元
開放時間: 09:00-16:30

龍達生態温泉城

龍達生態温泉城は天津市浜海新区浜海生態農業テックエリアに位置し、敷地面積が2200ムー、龍達温泉ホテル、雨林温泉館、運動館、生態美食園、鯉観賞園、奇石古木園、蘭の園、農業観光園を持っている。その中に、温泉ホテルと雨林温泉館、運動館、生態美食園は一体化建築で、敷地面積面積が13.8万平方メートルである。

住所: 天津浜海新区塘沽新城鎮(天津大道28キロの処) 入場料: 188元
開放時間: 08:00-23:00

石家大院

石家大院は千年の古鎮楊柳青の中心に位置し、京杭大運河の南運河の傍にある。元々は清朝天津八大家族の一つである石元士の住宅である。石氏の原籍は山東省で、運漕に頼って家を興した後、楊柳青で定住した。石家は清朝道光三年(1832)の時、家産を四部分に分けた。それぞれは福善堂、正廉堂、天錫堂、尊美堂である。毎部分は規模が大きい建築を一軒建てた。今の石家大院はただ残した“尊美堂”の屋敷である。“天津第一家”“華北第一宅”の美称がある。

住所: 天津市近郊西青区楊柳青鎮估衣街47号(御河橋の西) 入場料: 27元
開放時間: 09:00-17:00

楊柳青年画館

楊柳青年画館は展示と制作を一体に集めて、華北第一宅--天津市西青区石家大院の西側に位置し、元々は楊柳青人である安文忠の祖廟である。修復して復元された楊柳青年画館は敷地面積が623平方メートルで、建築面積が396平方メートルである。年画館の建築は特色があり、五間二進の24室四合院に構成された。真ん中には通りがあって、全ての建築を南と北二部分に分けた。配置が同じの四合院である。幅は五間で、東西片屋があり、床は古く青い瓦を模造して、全ての部屋は古朴で優雅な風格を採用している。

住所: 天津市西青区楊柳青鎮石家大院の西側 入場料: 20元
開放時間: 09:00-16:30

楊柳青巨龍骨董城

楊柳青巨龍骨董城は楊柳青古鎮の核心保護区に位置し、敷地面積が60ムーである。元の様子のように修復する原則に従って、四合院の古建築群を2012年9月に修復し上げた。建設投資は4億元で、497家を引越しさせて、庭を60ヶ所修復した。総建築面積2.5万平方メートルである。事業は巨龍城集団に管理と経営させている。

住所: 天津市西青区 入場料: 無料
開放時間: 全日

玉佛寺

玉佛寺の全身は「法蔵寺」であり、周朝と随朝の間に始めて、清末民初に壊された。2003年8月、天津市宗教事務管理局によって、復建されて、2010年5月に完成した。同時に「玉佛寺」に改称された。敷地面積400ムーで、南から北へ次々は山門、天王殿、大雄宝殿、卧佛殿である。東には文殊殿と観音殿、客室があり、西には普賢殿と地藏殿等がある。各殿は廊下に繋がれて、建築が高くて古朴で、生態が調和している。仏教の色が濃い、最大の特色は中に一万余りの玉佛を祀っている。

住所: 天津市西青区辛口鎮当城村の南 入場料: 無料
開放時間: 09:00-17:00

水高荘園

水高荘園は世界で最も玉佛がある玉佛寺とすぐ隣接している。敷地面積が1500ムーで「緑の植物、鮮やかな果物、青い水、都市の農業」をテーマにして、農業風情区と歓楽摘み区、子牙風情区、温室遊覧区、温泉レンジャランドに分かれている。農業観光と科学普及、相談会、レジャー、温泉を一体に集まった大型の都市農業リゾートランドである。今は国家3A景勝であり、天津市特色の観光村、天津市美しい村である。

住所: 天津市西青区天津市西青区辛口鎮子牙河の側 入場料: 30元
開放時間: 08:00-17:00

1、西線(西青区—津南区--静海県)

第一日: 西青区石家大院——: 楊柳青年画博物館--精武門・中華武林園—— 熱帯植物園—— 楊柳青荘園

第二日: 津南区小駅練兵園—— 津南水立方—— 静海県サマランチ記念館—— 団泊温泉レジャーホテル

2、北線(薊県—武清区)

第一日: 薊県盤山—— 黄崖関長城—— 独楽寺——武清区(白鳥ホテル)

第二日: 武清凱旋王国楽園—— 北運河郊野公園—— フィレンツェ小町

第一日:

漢沽孟荘園ワイン工業園(葡萄をつまむ、特色のランチ)—— 寧河七里海湿地—— 海新区中心漁港

第二日:

空母テーマパーク——方特歓楽世界——北塘古鎮(海鮮ランチ)——天津港博覧館——太平洋コンテナ埠頭—— 東疆湾砂浜——龍達生態温泉城ホテル

第三日:

極地海洋世界—外タン公園—— 外タン公園—— 東麗華僑ハッピーバレー——空港工業の旅(エアバスA320、 腕時計博物館、紡織博物館)

お問合せ電話:12301 旅行質呂監督電話:022-88908890 天津旅行情報サイト:wwwtjtour.cn 著作権:天津市観光局