ホーム >> 资讯
一度行くと癖になる、泰達空母が与える初めての震撼
2018-05-07 著者:tjtour.cn 出所:tjtour.cn

11.jpg

泰達空母テーマパークは軍事マニアの「楽園」と思われるとなれば、

ロシア風情の盛大なパレードと車ショーを見逃すことを残念と感じることになるでしょう。

1日を滞在すれば、他の人々と同様に多くの人生における「初めて」の経験に震撼させることになります。

初めて見る古いロシア映画:レトロと過去への思い

 

12.jpg


パークに入ると、濃厚なロシア風情を感じられ、入り口の隣のロシアグッズショップは、ロシア人形、ヨット模型、タック模型、ロシア式勲章などの空母関連グッズがあり、好む商品を手土産を選び、記念品もしくはプレゼントになります。

 

13.jpg


時間が十分であれば、ロシア映画バーで休憩し、ついでに古いロシア映画を見れます。

ここでは、毎日のように20世紀のロシア映画を放送します。レトロ風格のレストランに座り、ロシアコーヒーを飲みながら本場のロシア映画を見ることも初めてになります。

14.jpg

初めてのロシアへの「タイムスリップ」:歌声と笑い

チケット提示で園内に入ると、最初に聞いたのが「モスクワ郊外の夜」という曲で、ロシアのストーリーへの想像に誘います。

15.jpg

目の前の赤いレンガの壁、青の屋上の先端、高い金髪ロシア女性、カオサ写真館が見え、そのすべてはまるでロシアにタイムスリップしたように感じられます。

21.jpg

風情街では、素晴らしい舞台以外、ロシアパン、ロシア焼きソーセージ、ロシアビールなどのロシアグルメもあり、露天のレストランでビール、軽食を注文し、面白いロシア風情のショーを見て、奇妙な異国風情を感じます。

17.jpg

 

16.jpg


 

初めての頭皮が麻る快感:拍手と叫び

車のドリフト走行、同じ側の車輪の走行、車体断裂、回転するオートバイ、早いスピートの建物の通り抜け、爆発など、普段は映画館以外、創造すら難しい車のシーンが実際に見られます。

世界各地出身の一流ドライバー、想像を超える高い難易度のショーを完璧に演じさせます。国内初、同時に世界最大規模の車の曲芸ショー「飛車特技」はすべて満場になり、車マニアの方もその技に惚れ込み、ショーの観賞に来ることも多いと言われます。

 

 



 

22.jpg


 

24.jpg


「大国の重器」との初めての触れ合い:鉄血と情緒


25.jpg

このパークにおいて、「キエフ号」空母とその艦隊の見学は最も重要なものとされます。

神聖且つ不可侵とされる防御力を生かし、国土を守る1国の「重器」であり、海で威力を振る舞い、国の総合実力を示すものでもありました。

31.jpg

キエフ号空母——退役空母の再出発

32.jpg

キエフ号はソビエト連邦の重工業の輝かしい時代の縮図とされます。「キエフ号」に入ると、目の前の巨大なものに震撼され安いと言われます。空母に登り、地面の矢印に従い、「第五デッキ」から見学します。

33.jpg

船員の日常生活用品の展示

34.jpg

 

魚雷発射管内部の展示

 

35.jpg


玄武岩ミサイル発射管内部の展示

 

ここで、船員の日常生活用品魚雷発射管内部、玄武岩ミサイル発射管、格納庫などが展示され、ミサイル発射をシミュレーションビデオもあり、魚雷が発射する過程が見えます。

指揮センターの一部ユニットの展示

上に行くと、「第三デッキ」に入り、予備の作戦指揮センターが見られ、状況制御室、情報室、艦船発展史展示、対潜水艦ミサイル格納庫が見学できます。

 

41.jpg


艦船発展史の展示

 

「第二デッキ」は主に対空ミサイル格納庫、アンカーケーブル庫、国防教育展示ホール、空母科学技術館、108生活通路などの部分があります。

42.jpg

ここの階段に沿って、デッキと上層建物に登ることができ、デッキは本来が載せられる艦載機アーク38、幾つの中国の退役「強5型」戦闘機が置かれます。

このような「国の重器」と触れ合い、短い距離で「キエフ号」の輝かしい歴史と神秘的な兵器の知識を知るも初めてになります。

 

43.jpg


 

「キエフ号」は、VTOL、ヘリコプターが搭載された以外、防空、対艦、対潜の作戦能力を備え、その武装は巡洋艦のレベルを超え、まさに威力を振る舞るかつての「覇者」とも言えます。

ここは国防教育示範基地として、空母以外、「重慶号」駆逐艦、353号潜水艦、護衛艇もあり、これらの船はキエフ号と共に強力な「空母編隊」を結成します。

 

 

44.jpg


 

 


 

夕日が沈むと、この日の泰達空母の旅も終わりに近づき、夕日の下の潜水艦を維持する者の姿を見て、気持ちが抑えられない方もあります。

このパークに来なかったら、このような「国の重器」を近距離で触れ合うチャンスを得るも難しく、この誇りを感じられないになります。

まさに癖になる場所と言えます。

 

 


著作権所有:天津市観光局 連絡先:+86-22-88908890  登録シリーズ号:津ICP備11004736号--3