ホーム >> 资讯
長虹公園で桃の花にはまる
2017-02-24 著者:天津観光局新媒体項目組 出所:天津観光局新媒体項目組

   千年前、詩人陶淵明が「桃花源記」を書き、世から隔離された生活への憧れを表します。その後、桃花源あるいは桃の花は中国文学者の心の寄り所と隠居精神の符号になりました。例えば、唐寅作「酒が覚めると花の前に座り、酒に酔うとまた花の下で眠れ」という詩があります。

zi2.jpg

  長虹公園の桃の花は木を埋め、気分が上々な観光者は木の隙間を潜るところは、天津の春の風物詩になりました。園内の桃の木は千本以上を有し、種類は数十種に達し、ピンク、白、赤、紫などの色があります。

春の桃の花は枝と共に軽く揺れ、まるで時間と話をしているように感じます。軽やかな風が吹くと、漂う浅い香りが来訪者に触れ、酔せました。




著作権所有:天津市観光局 連絡先:022-88908890  登録シリーズ号:津ICP備11004736号--3   
E-Mail: 123456789@sina.cn