ホーム >> 资讯
天津の記憶――無形文化財の楊柳青木版年画のことを述べる
2016-06-22 著者: 出所:天津市観光サイト

春節ごと、どの家もちょうちんをつるし色絹を飾り、正門に年画を貼ることは中国家庭の変われない伝統である。太い赤ん坊、美人図、鯉の滝登りなどは民衆の消えない記憶である。天津楊柳青木版年画はこのような存在である。それは中国の国内外の民衆に影響を与えている。

1.jpg

天津の記憶——無形文化財の楊柳青木版年画のことを述べる

楊柳青年画は木版刷りに属し、漢民族の著名な民間木版年画の一つである。中国細密画法と民間版画の真髄を収集する。描き方が細密で、彩りが鮮やかである。2006年楊柳青木版年画は国家の最初の無形文化財に入れられた。

楊柳青木版年画の前世と今世

楊柳青木版年画は元代の末、明朝の初に生まれ、清朝の時大繁盛であった。その時、楊柳青及び周りの30個村全ては「家々は染色ができ、絵画に上手だ」であった。絵屋はびっしりと建ち並んでいる。各地の商人とお客が絶えなく来ていた。名実ともに絵画の土地であった。康煕と乾隆の時代の年画は人物の表情の描きを重視した。嘉慶と道光の時代に、年画の格好は益々活気になったが第二次アヘン戦争以後、楊柳青年画は段々に衰えた。1926年、霍派五代目霍玉棠は楊柳青で最大の絵屋「玉成号」を創立したから、楊柳青年画が段々に復興できた。解放の後、楊柳青年画は再び世に現れた。二十世紀の五十年代、周恩来総理大臣は楊柳青絵社へ視察に来たことがあった。政府が年画に与える支持と民間芸術家の深い感情に頼り、楊柳青年画は激しく発展し、名声も益々高くなる。楊柳青の年画工場はこれから勢いよく発展している。


楊柳青木版年画の伝承と発展

まずは木版で画を彫る。そして、インクで紙に印刷し、単色を二三回付けた後、彩色の筆で色を填る。「引き、刻み、印刷、描き、表装」などの手作りの技術は楊柳青木版年画の製作の手順である。

楊柳青木版年画は内容によって五つの類別に分けられる。類別ごとには百種類以上の作品がある。題材はほとんど風俗や歴史、物語、曲芸の人物である。毎年のシーズンになると、伝統的な年画「連年有魚」「富貴平安」などは依然として大人気である。

西青区は楊柳青木版年画館を設け、年画の影響力を強す。2000年から、西青区は楊柳青木版年画を地方の九年義務教育の教材に取り入れた。

2.jpg

楊柳青木版年画が未来に向える挑戦

楊柳青年画は中国各画派の真髄を吸収する。年画のラインは輪郭からしわまで全ては梨の木の板で先に刻んだ後、印刷と上絵をする。木彫のステップは木目が精緻で、硬い梨木を選び、5年や6年ほどの時間に風で乾く。大きさが本のような木版の彫刻は一ヶ月をかかる。また、木彫刻工芸の弟子期間は少なくとも3年間をかかる。

楊柳青木版年画は中国年画芸術の代表であり、中国の民間文化と天津の文化発展歴史上の重要な地位を占める。2011年天津楊柳青木版年画博物館は公衆向け、歴代の年画贓品を展示する。建築面積3535平方メートル、楊柳青木版年画を600枚余り展示する。明朝から今までの年画作品と古代の木版6400枚を収蔵している。中国で数が最も多く、品質が最も良い年画作品を擁している。

3.jpg

開放時間:9:00--16:30(月曜日閉館、祝日無休)

所在地:天津市河西区ドウロウ三合里111号


著作権所有:天津市観光局 連絡先:022-88908890  登録シリーズ号:津ICP備11004736号--3   
E-Mail: 123456789@sina.cn