ホーム >> 资讯
曲芸博覧会で天津を了解しよう
2016-05-23 著者: 出所:天津市観光サイト

天津の民俗曲芸を観賞し 特色の天津町を遊覧する

近日、2016年(第五回)「中国天津曲芸文化のツアー・カーニバル」は天津の津湾大劇院で正式的に開幕した。開幕式で、名流茶屋の老年、中年、青年の俳優たちは一緒に古曲、快板、漫才などの素晴らしい番組を演出した。そして、今度のカーニバルでは音声観光案内<天津の印象 音声メモ>が世に出された。観光都市として天津の深い秘蘊と無限な魅力を全面的に展示した。

1.jpg

2.jpg

曲芸の形:百家争鳴

天津は「曲芸の発祥地」と呼ばれており、中国北方での花も実もある曲芸の故郷である。この美称は国内だけではなく、国際でも知られている。歴史上の天津の建設はよその土地の人が続々転入すると共に組まれ、盛んになり、拡大できた。これらの旅ガラスは故郷の娯楽の形式を天津へ連れてきた。各類の劇を天津で競争させ、お互いに長所を取り入れ、多様化の発展を促進した。


曲芸の名門:天声

天津での曲芸は盛業であり、長く久しく繁栄している。ひいては天津文化の最も明るい特色になり、長く続いている。これは何代かの曲芸の芸人及び俳優の努力と密接不可分である。かつて、舞台で活気な天津曲芸は、劉寶全、白鳳鳴、張曉軒の京韻大鼓三大の流派を著名な代表として、全国で名高かった。

それ以外、天津での曲芸の名門は更に数えないほど多い、例えば:馬三立、駱玉笙、高元鈞、馬連良、尚長榮, 楊少華、郭德綱などである。


曲芸の場所:天津に行き渡る

天津の民間曲芸の演出場所は非常に多く、漫才茶屋がどこにでもある。特には文化街の名流茶屋が最も有名である。名流茶屋は1991年に創立され、老舎様の奥様胡絜清と吳同賓、駱玉笙などのアーティストが一緒に提案し、漫才界の泰斗馬三立様が扁額を自筆書いた。

3.jpg

4.jpg

住所:「名流茶屋」は四ヶ所を経営している。「新華路店」:和平区新華路177号。「古文化街店」:南開区古文化街。「名流鼓楼店」鼓楼南街52号・「多倫道店」:和平区多倫道と河北路の交差点。


天華景劇院は中国伝統的な話す芸術と歌う芸術の美学特徴と素朴な主旨を抽出・精製・凝集・昇華を通し、生まれた芸術の精気と精神の力を全ての劇場の中に溶け込む。

5.jpg

住所:和平区浜江道天津勧業場6階。


謙祥益文苑は天津の老舗の茶屋である。清朝の様式の建物は軒が上に反り、レークがある。中の机と磁器、書画は全て復旧の感じをしている。

6.jpg

7.jpg

茶屋住所:天津市紅橋区大胡同估衣街64号。

線路:バス2、12、24、37、600、606、836、900、903、906、962など、北門駅。


「老城小梨園」は茶屋と漫才演出を一体にし、自分の特色を作ることに専念している茶屋である。漫才俳優のチームは20人いる。大部分は30代である。ネットでの流行語、ニュースなどを漫才の演出に巧妙に挟み込ん、強烈な時代感と喜劇の感じをしている。

8.jpg

住所:南開区鼓楼東街202号天津市老城博物館の中


鼓楼茶屋は知るところによる、「全国第一軒」の漫才館である。内装と配置は元々の様子を留めている。物ごとは濃い懐旧の雰囲気がある。

9.jpg

住所:南開区鼓楼商業街52号


元昇茶屋(金声茶屋)は清朝の咸豊帝の末に建てられ、かつて天津の「四大名園」の第一であった。今は木造の二階の清朝の式の建築である。ロビーのは200平方メートル、曲芸と飲食、お茶を飲むことを一体に集め、清朝の末民国の初の戯曲茶屋の特色が極めてある。

10.jpg

住所:南開区鼓楼広場東北側


同悦興茶屋は老城廂に位置する。現在地はかつて「四大名園」の「襲勝軒」である。

11.jpg

住所:南開区城廂中路龍亭家園


著作権所有:天津市観光局 連絡先:022-88908890  登録シリーズ号:津ICP備11004736号--3   
E-Mail: 123456789@sina.cn