ホーム >> 资讯
古建築により、新たな歴史を証明する
2016-04-28 著者: 出所:天津市観光サイト

  もし、一つの都市は歴史文化の秘蘊がなければ、新建物がさらに多くても蒼白である。古建築と古部屋の自身こそは生き生きとしている都市文化である。「古家」でもそれらの「生と死」、それらの「霊と魂」ある。

        一つの記憶がある都市として、国家歴史文化名城である天津は平素から万国建築博覧会の称号がある。一つの都市は大量な民族格好の古建築 とこんなに多い洋風建築を保存していることが中国ひいては世界中にも珍しい。一種類の文化形態とする建築は都市の歴史を支え続いていく。天津は価値がある歴史風貌建築をたくさん擁している。元々、九カ国が残った千軒以上の洋館と現存している歴代伝統建築とお互いに輝いている。これは貴重な歴史文化遺産と再生できない都市の資源である。天津には既存のイギリス、フランス、アメリカ、ロシア、イタリア、オーストラリア、ベルギー、ドイツなどの歴史建築が872棟、156万平方メートルある。

        天津の建物は其々の特色を備える。各種類の建築はお互いに集中し、ブロックの特性が現れる。また、建築の様式と芸術性が多種多様である。彩色を施し、典雅・質素な古建築もあるし、新味奇抜の洋式建築もある。イギリスの中古様式、ドイツのゴート様式、フランスのロマン様式、ロシアのクラシック様式、ギリシャのアテネ様式などたくさんのスタイルは併存しており、中国と西洋はいっしょに並べ、互いに補完し合う。天津の人は通常西洋建築を「洋館」と言うこと。しかし、エキゾチックな洋館でも、この土地に建てられば、多かれ少なかれ中国の伝統的な味わいを植え付けられた。これら残った建築は天津の日にまし変化と発展を証明している。それでは、私たちはシンボル性と代表性がある建築をいくらか選別出し、抛磚引玉し、広範な旅行愛好者及びこの魅力的な古城である天津に好奇心を持っている人々のために、細く味わい、深く探究することを提供する。


解放橋
解放路にある建築は天津という都市の真髄場所である。街の両側に一棟一棟の建築は独特に造形された。人に濃厚なエキゾチックをもたらし、人を一々見る暇がなくさせる。一組の広大・豪華・荘重な建築群が形成しており、ユーローの風情は、ちょうど海河の婉曲と対照を形成できる。この2列の建築は上海バンドにいささかも遜色がない。ただ、それらは大通りの両側に分布している。川に臨んでいないが、天津という都市の低調な性格を現し出すことできる。

解放橋は金融界の北端に位置し、海河を跨う。最初は1902年に建てられ、1927年に4年を減経って再建でき、「万国橋」を命名された。

橋は全部で3部分に分けられ、真ん中の部分はギアで開け、立てて回転式である。長さ46.94メートル、幅19.5メートルである。他の部分は其々24メートル、中心高さ7.21メートルである。相前後して200万両の銀をかかったこの橋は中国近代史上に建造費が最も高い橋の一つであることと言える。海河の上には何本かの近代跳開橋もあるが、解放橋は規模が最も大きい、水準が最も高い。言い伝えによると、この橋のデザイン計画はフランスの建築大家のキョウスタワ・エッフェルが立てた。2008年7月22日、もとの様相に基づき、修復された天津解放橋はオーバーホールと昇格により、様相が一新した。33年ぶり開ける機能が回復され、海河のために新しい景色を再度付け加える。デザイナーは今までも迷であるが、解放橋が天津の最も代表的なシンボル建築の一つになることを影響できない。

1.jpg


勧業場

        天津勧業場は天津市和平区の浜江道の商業中心地に位置し、1928年に建てられた。高さ7層で33メートル、建築面積24000平方メートル、営業面積17300平方メートルである。曾て天津の最大のデパートでもあり、商業と娯楽が集まる大商業貿易区でもあり、天津商業の象徴でもある。この建築は炭鉱のマネージャー高星橋さんが資金を集め、「永和会社」のフランスエンジニア「アブルイ」が設計した。建築の様式は折衷主義式建築の影響を明らかに受けた。勧業場の扁額は清末の官員、天津近代の著名な書道大家華世奎さんが親筆した。後は権威部門に中華名匾に取り入れられた。これは勧業場の建築文化に画竜点睛の効を添えた。中心建築は五階である、曲がり角の部分には七階ある、鉄筋コンクリートの構造である。

7階の上には高くそびえたタワーある。二層の6角形の台座、二層の円型の体、ドーム状天井から構成された。上には旗竿と、避雷針などの装飾物が飾られている。全ての建築は壮麗なように見える。それはただのデパートだけでなく、一ヶ所の大型の遊び場である。当時、デパートの内には「八大天」を設けている。即ち天宮映画館、天華景劇場、天楽劇場、天昇劇場、大觀園、天緯ボールクラブ、天露茶屋および屋上庭園、天外の天である。あの時、京劇名優たちは常に天華景劇場で公演を行った。日夜は満員であった。この形式のデパートは当時の華北地区には絶対になかった。

天津勧業場は我が国近代の優秀な建築の一つでもあり、私達中国と天津歴史文化遺産の重要な構成部分の一つでもある。それは中国と天津の歴史、文化発展史と建設歴史におけると重要な地位を持っている。それは天津市の他の古建築や現代建築といっしょに我が国と天津市の建築芸術・技術を発展させる延長性を現している。また、人々に愛国主義、社会主義、民族伝統と革命伝統を教育するための生き生きな教材である。ある人の話によると、上海には「大世界」があり、天津は「勧業場」があり、もし行かなければ、天津と上海を無駄に行った。勧業場と言う近代の優秀な建築は既に天津のシンボルと象徴の一つに成った、津門建築文化の中に典型的な特徴を持っている代表作品である。

2.jpg


3.jpg


HSBC銀行天津支店旧跡

        天津のHSBCビルはHSBCが天津で建てた支店ビルである。天津の租界の時代から残った重要な建築の一つである。解放北路84号に位置する。HSBCはイギリス系銀行である。この建物はイギリス商社のスコットランドデザイナー・バーネットさんがデザインし、1924年に建てられた。本館と後ろ館に分けられ、本館は洋式クラシック復興式の三層鉄筋構造である。敷地面積4400平方メートル、建築総面積5539平方メートルである。建物全体には98室ある。石で基礎を建て、高い階段と花崗岩で外壁を飾っている。建築の正面と側面に12本の巨大なアイオニ石柱が高く聳えて、古代ローマ柱のような雄大を現す。それぞれ全ての入口は花で飾った銅の門とする。ロビーは670平方メートルの営業ロビーである。中には対称的に配置した天然大理石製の柱16本ある。カウンターの外には大理石製の床、内側には柔らかいフロアを採用する。これらの飾りはアメリカのケネディ会社が取り付かた。営業ロビーの天井の真ん中が井形梁を採用し、その上フェロガラスを敷設し、採光性能は良好である。ロビーの屋根はアーチ型の構造とする。後ろ館は洋式クラシックスタイルの付属部屋である。今は中国銀行の天津支店である。

HSBCは対中貿易を従事する会社に融資・決算のサービス提供するために、1864年に香港で設立される。1865年から営業し始め、そして天津などの地域に傘下機関を設立した。HSBCは旧中国の時代に主な業務は国際為替、紙幣の発行、貸付業務、預金業務、国債お取り扱い、中国の税関と食塩税金などの業務を経営する。

4.jpg


大沽口砲台

        今は天津市塘沽東の大沽海河口に位置する。元は海河の南岸と北岸に置かれ、「津門の衝立」と呼ばれた。大沽口は北京と津門の戸として、明朝の中ごろから既にここで砲台を構築した。清朝の嘉慶帝21年(1816)砲台を二台再建した。それぞれは海河口の南岸と北岸に置かされ、「南砲台」と「北砲台」と称された。道光帝21年(1841)に、北岸に一台、南岸に二台を増築した。咸豊帝8年(1858)センカクリンチンさんが大沽砲台を全面的に修繕した。そして「威、鎮、海、門、高」五つの文字で命名した。益々完璧な防衛体系が形成した。北岸に別の石砲台を建て、また、小型の砲台を25台造った。大型の砲台は全て煉瓦と木の構造であり、四角形と円形二種類ある。外部は石灰・砂・粘土で強化され、高さ10—17メートルである。周囲に擁壁を造り、海口の両側に位置し、膨大な防衛体系を構成できた。第二次アヘン戦争が爆発した後、外国の侵略者の軍艦は大沽口に入り、北京を脅迫した。1859年6月25日、提督の史栄椿が砲台の駐屯軍を引率し、一昼夜を奮闘し、敵艦を十数隻撃沈した。イギリス艦隊司令のカブは重傷を負った。1900年八国連合軍は大沽口に侵入し、砲台の駐屯軍と義和団肩を並べて大沽口防衛戦を展開した。結局、衆寡敵できなく、砲台は失陥しまった。将校の羅栄光は英雄的に生命を投げ打った。1901年“辛丑条約”の規定により、帝国主義列強は彼らを中国で横行できることを確保するために、大部分の砲台を強引に壊した。最後に残した砲台は南岸「威」と「海」及び北岸の「方」しかなかった。「南は虎門ある、北は大沽ある」これは中国近代史上二台の重要な海防障壁である。その後大沽口砲台遺跡は国務院に全国重点文化財保護単位を確定された。また、「海門古要塞」と言う美称で「津門十景」の一つに評定された。現存の「威」字の砲台遺跡は修繕され、一般公開できた。そして、天津市愛国主義教育基地に確定された。

5.jpg



6.jpg


著作権所有:天津市観光局 連絡先:022-88908890  登録シリーズ号:津ICP備11004736号--3   
E-Mail: 123456789@sina.cn